スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バガヴァットギーター 第12章 第13節~15節/帰依のヨーガ 4/Radio Sai Japan より

20111022


278693_10150258893658904_6624363903_7221977_1382502_o_convert_20111019012211.jpg




第13、14節

いかなるものも憎まず、すべてに対して友好的で、慈悲に満ち、
私と私のものという感覚がなく、
苦楽を同じ心で受け止め、忍耐強く満ち足りていて、
いつも神に専心しており、
自己を律し、固い決意を持ち、心と知性を私に定めている。

このように私を親愛するものは、私にとって愛おしい。



ババ様の御言葉です。

万物のうちに神を見なさい。
そうすれば、真のスネーハ(神との友情)が花開きます。

この種の真の友情は、いかなるものも憎まず、
すべてに対して友好的で、慈悲に満ち、
『私』と『私のもの』という感覚がなく、苦楽を同じ心で受け止め、
「忍耐強く」という、クリシュナの助言を守る事によって、初めて得られます。

これらの性質を育みなさい。

なぜなら、これらは真の友情の印であり、
信愛の九つの段階を経て、神に至る旅路を進んでいる人のみが、
この真の友情という聖なる理想に到達出来るからです。

それはつまり、『私のもの』とか、
『私』という感覚を取り除かなければならないということです。

両者ははっきり区別出来るものではありません。
前者は後者から生まれますが、
いずれも、根本的な真理に関する無知から生まれます。

というのも、一旦無知が取り除かれれば
『私』とか、『私のもの』という感覚が、面倒を引き起こす事はないからです。

無知が取り除かれた人には、
こうした感覚が入り込む余地はありません。

ですからバクティ、神への愛を求める求道者は、
常に満たされた気持ちでいなければならない、と定められています。


これは何を意味しているのでしょう。

それは、健康でも病気でも、
損得や喜び、悲しみの如何に関わらず、
いかなる状況に置いても、満ち足りているということです。

願いが叶えられても、そうでなくとも、
心は平常心と、落ち着きを失ってはならないのです。

ギーターは何者をも憎んではならない、と教えています。
しかし、それだけでは不十分です。

壁は誰をも憎みません。

しかし、それが理想なのでしょうか?

そうではありません。

あなたは自分から、万物を愛さなければなりません。
積極的に愛し、積極的に、愛の行為に携わなければなりません。

そうして初めて、あなたが切望する、神の恩寵を勝ち得る事が出来るのです。



第15節

世の中を苦しめる事も、世の中によって苦しめられる事もなく
興奮や怒り、恐れや不安から解放されている人もまた、
私にとって愛おしい。


ババ様の御言葉です。

心は、自分が進もうとする道に、わずかな障害が生じても、
バランスを失ってしまいます。
心は実に気まぐれです。

コーヒーが直ぐに出てこなかったり、
一週間に映画を2本見ることが出来なかったり、
朝と晩に長時間、ラジオの前に座る事が出来なかったり、

そうした取るに足りない、多くの事が出来なかったり、
邪魔されたりすると、あなたは不満に顔を曇らせます。

サムトゥシュティ(聖なる満足)とは、
いかなる願望が満たされても満たされなくても
いかなる出来事が起きても、起きなくても、

左右されることのない、心の状態のこととです。

興奮や落胆に心を乱してはなりません。





音源はこちらです



関連記事
プロフィール

tottemo ii indo

Author:tottemo ii indo
サティヤサイババは亡くなってしまったけれど、その教えは私たち皆に受け継がれています。スワミの教えを実践することで、サティヤサイババが降誕した、本来の目的に立ち返りましょう。

H2Hの御言葉を、2010年分から順次載せて行こうかと思っています。
サイの御教えだけでなく、これからは、心に残る聖者の言葉も引用していこうと思います。

最近の記事
月別アーカイブ
FC2カテゴリー
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。