スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改めて噛み締める恩寵

20110603



今、サイラムニュースを読み直しています。

NO.135号に掲載されている、神戸センターで行われた、
アニルクマール博士のお話の中で、

スワミが皆に、チョコレートを配った時に、
博士が家に持って帰って、子供に食べさせようとしていたら、
スワミから、

「貴方は自分の子供がそれを食べている姿を見たら、
 幸せを感じるだろう?
 私も同じように、お前がここでお菓子を食べている姿を見るのが、
 幸せなのだよ。私はお前のお母さんなのだからね」

と言われたというエピソードがあります。


ふと、アカンダバジャンの後、マンディールで、
スワミがいらっしゃるにもかかわらず、
プラサードで頂いた、タマリンドライスにありついていた、
自分を思い出しました。

皆でフードマントラを唱え、食べ始めた頃、
それを確認し終えたというタイミングで、
スワミが車でゆっくりと帰られました。

ああ、あの時スワミは、きっと同じように、
皆が喜んで食べている姿を見ていらしたのだな。

ババのいる前で、ババの子どものように、
ご飯を頂いていたのだなと、
忘れかけていた恩寵を思い出しました。

人数が多かったから、そういう自覚がなかったのですね。


こんな風に、きっと誰でも、
その時には気がつかなかった、ババからの愛を、
改めて感じる時があるのではないかと思います。

「お前は気づいていなかっただろうけれど・・・」と言っておられる、
ババを感じた気がしました。


※夜中に掲載した『私の行く道』の記事は、取り下げました。


関連記事
プロフィール

tottemo ii indo

Author:tottemo ii indo
サティヤサイババは亡くなってしまったけれど、その教えは私たち皆に受け継がれています。スワミの教えを実践することで、サティヤサイババが降誕した、本来の目的に立ち返りましょう。

H2Hの御言葉を、2010年分から順次載せて行こうかと思っています。
サイの御教えだけでなく、これからは、心に残る聖者の言葉も引用していこうと思います。

最近の記事
月別アーカイブ
FC2カテゴリー
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。