スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとう、ババ

20110424



870_convert_20110424150142.jpg



今朝、インド時間7:40にババが肉体を去られたそうです。
プッタパルティでは、明日あさって、
最後のダルシャンが行われるそうです。




私は長い事、自分が肉体である事、
自分が肉体を持って生きていることが辛く、苦しんでいました。

どう考えても、肉体の自分と本当の自分を同一視出来なく、
そのずれを修正出来ずにいました。

生きることには積極的ではなく、
良心に従って正しい行いをし、罪を犯さない事が最良の事であり、
自分がどういう意志を持って生きるかなど、考えもしませんでした。


サティヤサイに会ってから、その苦しみが緩和されました。

肉体もって生きる事が、そんなに辛い事ではない事、
魂の喜びを、肉体を通じて知ることが出来ました。

バジャンを歌う事、神のダルシャンを受ける事、ヴェーダを唱えること。


水曜日の晩、私は帰依者に一晩中、スワミとの体験を語っていました。


サティヤサイもまた、我々同様、肉体をまとった神であり、
その肉体があるおかげで、私はスワミと楽しく遊ばせてもらってました。

それはブリンダーヴァンにあった、クリシュナとゴーピー(牧女)のように。

人は、肉体ではなくアートマではあるけれど、
肉体のある事への感謝と恩恵は忘れていません。


長い間、本当に心の支えでした。
自分の人生の軸でした。


この、ババから与えられた貴重な体験を胸に、
自分も旅立つ時が来たんだ、と感じました。

ババ
スワミ
サティヤサイ


呼んでくださって、本当にありがとうございました。

楽しかったです。

本当に楽しかったです。



サイラム








関連記事
プロフィール

tottemo ii indo

Author:tottemo ii indo
サティヤサイババは亡くなってしまったけれど、その教えは私たち皆に受け継がれています。スワミの教えを実践することで、サティヤサイババが降誕した、本来の目的に立ち返りましょう。

H2Hの御言葉を、2010年分から順次載せて行こうかと思っています。
サイの御教えだけでなく、これからは、心に残る聖者の言葉も引用していこうと思います。

最近の記事
月別アーカイブ
FC2カテゴリー
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。