スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バガヴァッド ギーター第2章 第13~14節/サーンキャヨーガ 5

20091123



Krishna3_20100908204023.jpg





第13節

肉体に宿るもの、アートマは、その肉体の中で、
少年期、青年期、老年期を経験するのと同様に、死後はまた、別の肉体に宿る。

賢者は、このことに惑わされたりはない。


<ババ様の御言葉です>

アートマ、真我は肉体と関わりを持っていながら、
グナ(属性やダルマ)に影響される事はない。

つまりアートマには、何の特質も特徴もないという事だ。

君自身は、幼児から少年になり、少年から青年になり、青年から中年に、
さらには老年へと移行するとき、
肉体が経験する変化には影響される事はない。

君は、こうした全ての変化にも関わらず、存在し続ける。

肉体が滅びた時も同じことで、アートマは生き続ける。
だから英雄は、死という名の変化を悲しむような事はしないのだ。


クリシュナが強い口調でこう言った衝撃で、
戦車が揺れたほどでした。


アルジュナは、それでも疑いが晴れず、質問を始めました。

「おお、主よ。
 貴方は肉体にまつわる変化は、
 覚醒、夢、眠りという状態の変化のようなものだとおっしゃいます。
 でも、私たちは、深い眠りから目覚めた時、
 自分の体験を忘れるような事はありません。
 ところが、死と呼ばれる出来事によって、
 過去世の経験は、記憶から消されてしまいます」


クリシュナは、経験した事のすべてを記憶に呼び戻す事は出来ないが、
その内のいくつかは、思い出す事が出来ると答えました。

というのも、乗り物が変化しても、アートマは存在し続けるからです。


するとアルジュナは、別の問題点へと移りました。

それは、彼だけではなく、多のく人を悩ませているテーマでした。
賢者は、このことに惑わされたりはしない、とクリシュナが言ったのはそのためです。


クリシュナは、アルジュナは、これに惑わされるべきではない、とは言いませんでした。
彼は心が揺れる者たち全てに教えようとしたのです。

クリシュナは、一つ一つ疑いが生じるたびに、直ちにそれを解決します。


彼は言いました。
「アルジュナ、覚醒、夢、熟睡の3つの状態を通り過ぎる間、
 ブッディ、知性はなんとか、いくつかの点を保持出来る。
 しかし、それもまた、肉体に死が訪れると破壊されるのだ。
 一撃で、全てが忘れ去られてしまう。

記憶は、アートマではなく、知性の機能なのだ。



第14節

クンティの子、アルジュナよ。
苦楽をもたらす、感覚の対象との接触は、
寒暑の様に来ては去って行く、一時的なものだ。
だから忍苦、ティティクシャの鎧を身に着けるのだ。
おお、バーラタよ。



<ババ様の御言葉です>

クリシュナは言いました。
悲しみとその双子の兄弟である喜びが生じる原因は、
対象へ向かう感覚の動きである。

それは、暑さと寒さのようなものだ。
君は寒い季節には暖を求め、暑い季節には涼を求める。

感覚と対象との接触は、まさにこれと同じだ。

世界がある限り、対象との接触は避けようがなく、
前世の重荷がある限り、悲喜両面の体験を逃れる事は出来ない。

とはいえ、人はそれを回避したり、
難なく耐え忍んだりするための技術、修練、秘訣を取得する事は出来るのだ。

沐浴の為に海に入るのに、波が静まるまで待つことが、一体何の役に立つだろう。

波は決して静まらない。

賢者は、打ち寄せる波の衝動を避けるこつと、
引いて行く波に引きずられない方法を学ぶ。
しかし、海での沐浴は必要だ。

中には余りにも怠惰で、その技術を習得できないために、
沐浴そのものを避ける人々もいる。

アルジュナ、不屈の精神、ティティクシャの鎧をまとうが良い。
そうすれば、運、不運の衝動によって、
害がくわえられる事はなくなるだろう。


不屈の精神、ティティクシャとは、
対立する二つのものに直面した中での、平常心の事であり、
勇敢に二元性に耐え抜くことを意味している。

それは、強者の特権であり、優者の宝である。

弱者はクジャクの羽のように動揺するだろう。

クジャクの羽は、一瞬も静止する事なく、いつも落ち着かない。
弱者は、あちらこちらと振り子のように揺れて、あるとき喜びに向かったかと思えば、
次の瞬間には、悲しみへと向かって、動くのだ。


ここでは一つの点に付いてしばらく、考えてみなくてはならない。
ティティクシャ、不屈の精神、平常心は、サハナ(忍耐)とは違う。

サハナ、忍耐とは、他に方法がないために何かを我慢し、耐え忍ぶ事だが、
克服出来る能力を持っているにもかかわらず、
それを無視する事、それが霊性修行である。

内なる平静さと、平安を保った状態のまま
二元性に満ちた、外的世界を辛抱強く耐え抜く事こそが、解脱への道なのだ。

分析的な識別心を持って、全てに耐える事は、良い結果をもたらす類いの、
サハナ、忍耐である。


音源です。




関連記事
プロフィール

tottemo ii indo

Author:tottemo ii indo
サティヤサイババは亡くなってしまったけれど、その教えは私たち皆に受け継がれています。スワミの教えを実践することで、サティヤサイババが降誕した、本来の目的に立ち返りましょう。

H2Hの御言葉を、2010年分から順次載せて行こうかと思っています。
サイの御教えだけでなく、これからは、心に残る聖者の言葉も引用していこうと思います。

最近の記事
月別アーカイブ
FC2カテゴリー
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。