FC2ブログ

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しく掲載された1962年の御講話が驚きだ(前半)

20150301



今日、皆さんは、神の御名について、そして、バクティ〔信愛〕の絶対的な必要性について、それから、神の恩寵の遍在性についての、素晴らしい講演を聴きました。これら三つに関する限り、誰が何を語ろうと、どう解説しようと、それらはその人自身の体験であり、学識や技術ではありません。神の御名は、プラフラーダのような、ひたむきな魂の持ち主が口にするとき、どこであれ本人が神を見ている場所に神を連れてきます!

神の御名は、救い、解脱させます! 神の御名は、慢心と自己憐憫の猛攻撃に対抗する鎧です。体系的な方法でジャパ〔唱名〕を始めて、その御名が描写している御姿にあなたの内なる目が定まると、あなたは、様々な障害物、あなたを不安にさせる思考や誘惑に出会うでしょう。それらは無視し、迂回して、軽く扱いなさい。自分の習慣を正し、自分に定められている戒律を固守し、自分の中の管理体制を改善しなさい。善き仲間、神聖な仲間と、もっと交わりなさい。手に負えない雄牛は、ロープにつながれて人に飼われ、鼻に穴を開けられて鼻輪をされなけばいけません。軛(くびき)を掛けられ、重い荷車を引く訓練をされ、おとなしく主人の言うことを聞く召し使いにならなければいけません。

六つの情念を敵として非難し、徹底的にそれらを追い払うようアドバイスする人たちがいます。しかし、私は、それらを従順な召し使い、あなたの目的の役に立つものとして、あなたの中にとっておくようアドバイスします。嫌悪しなさい! 神の御名を馬鹿にして、「そんなものは中身も意味もないただの音だ」とあなたに言う人たちを。彼らをずっと避け続けるほど、おおいに彼らを嫌悪しなさい! 執着は、あなたのハートを神に固定させることができます。自然界の愛らしいものすべてに反映されている神の御姿の美しさに圧倒されなさい。



最初にびっくりしたのは、

体系的な方法でジャパ〔唱名〕を始めて、その御名が描写している御姿にあなたの内なる目が定まると、あなたは、様々な障害物、あなたを不安にさせる思考や誘惑に出会うでしょう。それらは無視し、迂回して、軽く扱いなさい。

今までにも、こういう御講話はあったのかどうか、わかりませんが、
私は初めて読みました。
そして、これから行く道に対して、障害はあるが、無視し、迂回し、軽く扱いなさい、と。

そしてなんと、人間に眠る6つの敵

アリシャドヴァルガ(人間の六つの内なる敵)、
すなわちカーマ(欲望)、クローダ(怒り)、ローバ(貪欲)、モーハ(執着)、マーダ(高慢)、マットサルヤ(嫉妬)

を滅するのではなく、馴らして道具として使いなさいとは…。

私がこの道に入って、一番躓いたのはここで、
自分の中にある欲を抑えすぎて、自分をたたきすぎて、
周りのポジティブな人との兼ね合いもあり、
譲ることでエネルギーを吸い取られていき、どんどんと弱って行ってしまったということ。

後で知った、インド思想と仏教間の違いがここで、
インド思想の人と、仏教思想の人がともに行動すると、
私のような人が出てくることもあります。


まだ後半を読んでないので、ここまでで。




関連記事
プロフィール

tottemo ii indo

Author:tottemo ii indo
サティヤサイババは亡くなってしまったけれど、その教えは私たち皆に受け継がれています。スワミの教えを実践することで、サティヤサイババが降誕した、本来の目的に立ち返りましょう。

H2Hの御言葉を、2010年分から順次載せて行こうかと思っています。
サイの御教えだけでなく、これからは、心に残る聖者の言葉も引用していこうと思います。

最近の記事
月別アーカイブ
FC2カテゴリー
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。