スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュリ・ヴェーダプルシャ・グニャーナ・ヤグナ・マホトサヴァム (1961年) その3

20121017




* 16日からナヴァラートリ(9つの夜)が始まっています。



287_convert_20121018102839.jpg




ダサラ祭を始める前触れとして、スワミはプラシャンタの旗を掲げられ、
私たちに花の雨を降り注がせてくださった。
彼はこうおっしゃった。



「私たちがどんな仕事に取りかかる前にも、
 ヴィナーヤカに礼拝することと同様に、
 プラシャンタの旗を掲げることは、私たちの伝統です。
 
 平静さはあなたたちが、
 今そうなれとか、そうならないように、
 と命令できるものではありません。
 
 それはあなたたちの意のままにならないものです。
 ニラヤムにはためく旗と同じように、身体の殿堂の中にあるべきものです。
 
 この供儀を目撃することとなった者たちは皆、実に幸せです。
 善行を重ねてこの結果を生み出した、
 その過去世が一体どれほどの数なのか、
 私には見当がつきません。
 
 一秒たりとも無駄にすることのないように。
 俗っぽい考えをすてなさい。
 アーナンダ(至福)を味わいなさい。
 時は一度に過ぎてしまえば二度と戻ってきません。
 あなた方が刺すような日差しに苦しんでいる時、
 私は涼しい日除けとして立ちましょう。
 
 この多大なる幸福は、あなた方の人生のページに
 黄金の文字で書かれるほどの価値があります。
 私はあなた方全員が平和を楽しむことを望みます」





このように、彼は私たちに御教えを与えてくださった。
帰依者たちの勝利の勝利の叫び声が無限の風の中、こだました。



アニャーター・シャラム・ナスティ より




その4につづく・・・)



*写真はイメージです。


関連記事
プロフィール

tottemo ii indo

Author:tottemo ii indo
サティヤサイババは亡くなってしまったけれど、その教えは私たち皆に受け継がれています。スワミの教えを実践することで、サティヤサイババが降誕した、本来の目的に立ち返りましょう。

H2Hの御言葉を、2010年分から順次載せて行こうかと思っています。
サイの御教えだけでなく、これからは、心に残る聖者の言葉も引用していこうと思います。

最近の記事
月別アーカイブ
FC2カテゴリー
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。