スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の御言葉 55/ハートを満たす意味

20120928



181548_501945761676_674286676_6858009_8249721_n_convert_20120611193958_20120928114852.jpg



ヴェーダの学習においては、ハートを満たす意味を探求すべきであり、
たとえ頭を満足させる意味を見つけても、それで甘んじていてはなりません!
文法的には完全に正しい文章も、実は、意味をなしていないこともあるのです!


1962年10月7日「プールナーフティ」より






ハートからこぼれ出るるような、愛から生まれた真実の行為を行うことは、
頭で考えていても出来るものではなく、
母親が子どものことを考えるが故、自然と子を守るために身体が動くように、
流れ出流(いずる)ものだと思う。

皆、賢すぎる。
賢すぎて、頭で素晴らしいことを考え、
その理屈を人に押し付け、自分にも押し付けている。
でも、そんな人たちでも、傷ついた時に心慰められる行為は、
そんな頭で考えた理屈ではなく、
温かい思いやりのある言葉であり、いたわりの言葉だと思う。

ハートに真に響く神の言葉もしかり。


人と人、人と神を繋ぐのは、
そんなハートに響く言葉や行為であり、御教えであると思う。
上辺の楽しさや、技巧的な人との付き合いでは、
いつになっても真実は見えてこないだろう。

信頼関係があれば、その言葉が、たとえ一滴のしずくであったとしても、
心を伝って落ちて落ち、やがては、ハートという器を満たして行くことだろう。


それが「信じる」ということだと思う。
愛がなければ、信じることも、信仰することも出来ない。


愛の力を信じ、真っ直ぐにめげないで行くことで、やがてはこの虚空に存在している、
すべてのものが、自分と一つであり、同じように愛しいと感じれるよう、
その内なる爆発(ビッグバンと自分では思っている)が来る日を待ち望みながら、
歩んで行けたら良いな。





関連記事
プロフィール

tottemo ii indo

Author:tottemo ii indo
サティヤサイババは亡くなってしまったけれど、その教えは私たち皆に受け継がれています。スワミの教えを実践することで、サティヤサイババが降誕した、本来の目的に立ち返りましょう。

H2Hの御言葉を、2010年分から順次載せて行こうかと思っています。
サイの御教えだけでなく、これからは、心に残る聖者の言葉も引用していこうと思います。

最近の記事
月別アーカイブ
FC2カテゴリー
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。