スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラーマ王子の物語3

20120830




sri ramachandra




真理(サティヤ)と非真(アサティヤ)、
正義(ダルマ)と不正(アダルマ)の間には、
当然ながら対立があります。

ラーヴァナがアサティヤ(真実ではないこと)に頼ったのに対し、
ラーマは細かいところまでサティヤに従いました。

真理を固守することよりも偉大なダルマは存在しません。
ですから、私たちはたとえ些細(ささい)なことであっても、
真理を固守するべきです。
私たちは、けっして困難な状況から逃れようとして
真実でないことに助けを求めるべきではありません。






シーターとラーマの結婚のエピソードを話された御講話


2002年10月11日
ナヴァラトリ3日目の御講話
「シーターの神性とラーマの結婚」





ラーマの御名の甘美さについて
真理とダルマを守ったラーマについて
そして、ラーヴァナにさらわれたシーターのお話

について話された御講話は


2006年4月7日
シュリ ラーマ ナヴァミの御講話
『ラーマの御名の甘美さを体験しなさい』






関連記事
プロフィール

tottemo ii indo

Author:tottemo ii indo
サティヤサイババは亡くなってしまったけれど、その教えは私たち皆に受け継がれています。スワミの教えを実践することで、サティヤサイババが降誕した、本来の目的に立ち返りましょう。

H2Hの御言葉を、2010年分から順次載せて行こうかと思っています。
サイの御教えだけでなく、これからは、心に残る聖者の言葉も引用していこうと思います。

最近の記事
月別アーカイブ
FC2カテゴリー
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。