スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラーマ王子の物語

20120828




2012082023073220100731223859.jpg




神聖なラーマの物語を聞くこと、
ラーマの栄光を歌うことができるのは、皆さんが幸運だからです。

初めにお話したように、神は宇宙の中で光り輝き、
宇宙も神の中で光り輝いています。

神と宇宙の関係は親密で切り離すことはできません。
宇宙には生命が溢れています。

それぞれの生き物がラーマの具現なのです。
ラーマを特定の名と姿に限定してはいけません。
すべての生物がラーマの御姿なのです。

ラーマには喜びを与える者という意味があります。
ラーマはあらゆるものの内にいます。



「神はあらゆる生物の内在者である」。
「世界全体に神が満ちている」。
世界はまさに神の御姿です。
「神は千の頭と目と足を持つ」。








ラーマ王子が森に入ることになったいきさつの御講話

2008年4月13日・
「ラーマの御名を生きる糧とせよ」



「ラーマの本質」の分かる御講話
1963年4月1日 ラーマナヴァミの御講話










関連記事
プロフィール

tottemo ii indo

Author:tottemo ii indo
サティヤサイババは亡くなってしまったけれど、その教えは私たち皆に受け継がれています。スワミの教えを実践することで、サティヤサイババが降誕した、本来の目的に立ち返りましょう。

H2Hの御言葉を、2010年分から順次載せて行こうかと思っています。
サイの御教えだけでなく、これからは、心に残る聖者の言葉も引用していこうと思います。

最近の記事
月別アーカイブ
FC2カテゴリー
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。