スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アシュラムのクリスマス

20091226

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

バガヴァッドギーター第2章 第39~45節/サーンキャヨーガ 9

20091225



BhagavadGita--KrishnaArjunaChariotP_convert_20120126222621.jpg





第39節

これまで君に述べてきたのは、サーンキャの論理だ。
さあ、今から、ヨーガの智恵に耳を傾けるが良い。
この知恵が備われば、
おお、プリターの子よ、君は行為の束縛から離れるだろう。


<ババ様の御言葉です>

第39節は変わり目の詩節です。
というのも、これまでは君にサーンキャ、目に見えるものの本質の探求について、
述べてきた、と言った後クリシュナは、
今度はヨーガブッディ、ヨーガの智恵を教えるので注意して聞くように、
とアルジュナに言っているからです。



第40節

ここでは、努力が無駄になる事はなく、有害な結果が生じる事もない。
この行動方針は、わずかに従うだけでも、人を大いなる恐怖から解放する。


<ババ様の御言葉です>

もちろん、完全に全託する事は困難です。
しかし、もし人がそれに向かってわずかな努力さえすれば、
神自らが、それを最後まで追求するための勇気を与えてくれます。
神はその人と共に歩き、友として助け、案内人として導き、
悪と誘惑から守るでしょう。
神は、その人の杖となり、支えとなるでしょう。

クリシュナは、このような行動の方針を、たとえわずかでも守った人は、
大いなる恐怖から守られるであろう、と言いました。
ダルマを守る事は、それ自体が喜びの原因になります。

それは最も障害の少ない道であり、それこそが神の教えなのです。



第41節

おお、クル族の子孫、アルジュナよ
一心に励む勤勉さを養うのだ。
勤勉でないものの思考は多岐に渡り、際限がない。


<ババ様の御言葉です>

ギータの中に、クリシュナがアルジュナに、
クルナンダナと呼びかけている箇所があります。
学者たちは普通、この名前は、クル族の子孫という意味であるとしていますが、
この呼びかけには、人類を教えに導く、遥かに深い教訓が含まれています。

クルとは、サンスクリット語で、するという意味であり、
ナンダナとは、喜ぶという意味です。

ですからそれは、アルジュナの中に起きた、無活動から活動への変容を、
クリシュナが評価している事を意味しています。

アルジュナは、何か成すべき仕事がある事を喜ぶ人物です。
彼は、手元に何も仕事がないと悲しみ、落胆します。
ほとんどの皆さんにとって、日曜日は嬉しい休日、ホリディです。
しかし、アルジュナにとっては、神の仕事に熱中出来る日こそが、
本当に神聖な日、ホーリーディなのです。



後半は、こちらを読んでください。


音源はこちらです。






続きを読む

バガヴァッドギーター第2章 第29~38節/サーンキャヨーガ 8

20091217



Lord-Krishna-as-Arjunas-Charioteer_convert_20120121221630.jpg





第29節

ある者は、彼アートマを、驚くべき者として、
ほかの者は、彼を驚くべき者として語る。
ほかの者は、彼を驚くべき者として聞く。し
かし、たとえ彼について聞いたとしても、誰も彼のことを真に知ることはないのだ。


第30節

おお、アルジュナよ。
あらゆる者の肉体に宿るこの内在者、デーヒは、
永遠に殺されることはない。
だから君は、全ての生き物について、嘆くべきではない。


第31節

また、自分の本分、スワダルマを考えて、
君は怖じけるべきではない。
武人、クシャトリヤにとって、まさに正義、
ダルマの戦いより他に、シュレヤス、すなわち永遠の栄光はないのだ。



<ババ様の御言葉です>

武人、クシャトリヤの第一の義務は、
正義ダルマの側に留まって、不正、アダルマを破壊することだ。

君自身の幸運を考えてみるが良い。

この戦場には、ビーシュマや他の者たちのような、立派な敵がいる。
このビーシュマはかつて、自らの師で、
あらゆる技術を教えてくれた僧侶、ブラーミン、
ビシュヌ神の化身の内の一人、偉大なるパラシュラーマと戦ったのだ。
それは、武人としての義務の遂行を第一としてのことであった。

そして今君は、臆病者のように、
そうした兵たち(つわもの)に対して武器を取ることを怖れているのだ。
あらゆる苦境をものともせず、ダルマの大義を掲げたとき、
武人は義務を果たしたと感じる。それこそが成長の道である。



第32節

天国へと開かれた扉である、このような戦いに、
求めずして巡り会う武人は、おお、プリターの息子アルジュナよ、幸運である。


<ババ様の御言葉です>

クシャタムは、ブカン、悲しみを意味し、
クシャトリヤとは、人々を悲しみから救う者のことである。
正義に変わって不正の勢力と戦うという、このような機会は、
人間には滅多にやってこない。

このダルマユッタに参加出来るのは、
クシャトリヤとして祝福されたことである。
君が今手がけようとしている世界へのこの奉仕によって、
どれほどの徳を積むことが出来るか、想像してみるがよい。

平安と繁栄を世界に打ち立てるために行われる戦いは、
ダルマユッタと呼ばれる。
今回の戦いは、まさにそのようなものである。
正義が必ず勝利を収めるのだ。

カーラバ一族はいかなる罪や不正、
悪徳をも控えようとはしなかった。
彼らは年長者を侮辱し、有徳の人を見捨て、
純血を守る人を汚し、善良な人の自尊心を傷つけた。
彼らの悪行は数えきれない。

今、天罰の瞬間が訪れたのだ。

彼らは自らが犯した罪の責任を取ろうとしているのだ。
この期に及んで、もし卑怯者のように振る舞うのなら、
君は両親や兄弟、そしてまさにクシャトリヤ階級の全ての人に、
不名誉をもたらすことになる。



第33節

今もし君が、この正義の戦いを行わず、
それによって自らの義務、スワダルマと名誉とを放棄するなら、
罪を負うことになるだろう。


<ババ様の御言葉です>

戦いに従事することは、罪だと君は考えている。
しかし、それは大きな過ちだ。そうではなく、
邪悪な者を破壊する機会を避け、有徳の人々の苦痛を引き延ばすことこそ、罪である。

今、ダルマを放棄すれば、君は地獄に堕ちる危険を侵すことになる。
しっかりとダルマに掴まっていれば、罪に汚されることはない。

心を定めるのだ。

この世のあらゆる二元対立の、
どちらの側にも、心を奪われてはならない。
クリシュナは、この章の第31節から始まる、八つの詩節で、
このスワダルマニシュタ、着実に自らのダルマを守ることについて、語っています。



第34節

また、人々はいつまでも、君の不名誉を語るだろう。
そして、尊敬されている者にとって、不名誉は死よりも更に悪いものだ。


第35節

偉大な戦士たちは、君が怖れを成して、戦場から退いたと思うだろう。
そして君は、君を大いに尊敬していた人たちから、軽蔑されるようになるだろう。


第36節

また、君の敵たちは、君の能力を蔑みながら、
数多くの、口にすべきでない言葉を語るだろう。
それに勝る苦痛がいったいあるだろうか。


第37節

倒されれば君は天国に行き、勝利を収めればこの世を楽しむだろう。
だからクンティの子よ、戦う決意をして立ち上がれ。



<ババ様の御言葉です>

人は、運、不運の最中に、心を動かさずに活動に携わるべきです。
これが第37節でクリシュナが与えた助言です。



第38節

苦楽、特質、勝敗を平等視して、戦闘に従事することだ。
そうすれば、君は罪被うことはないだろう。


音源はこちらから




続きを読む

バガヴァッドギーター第2章 第20~28節/サーンキャヨーガ 7

20091208


krishna-vishwaroopa_convert_20120126221937.jpg






第20節

彼、すなわちアートマは、生まれることはなく、いかなる時にも死ぬこともない。
また、一旦存在したのちに、存在しなくなるということもない。

不生、永遠、不変にして太古より存在する彼、アートマは、
肉体が殺されても、殺されることはない。


<ババ様の御言葉です>

変調と変形には、発生、存在、成長、変化、減退、崩壊と言う6つの形がある。

これが6種の変化、シャットビカーラである。
発生、すなわち誕生、ジャンマは、存在していなかったものが、
のちに存在するようになる変化であり、
存在しているものが、存在しない状態になる変化が、
死、マラナムである。

誕生は、期間を持った生物に起こる変化であって、
それ以外の無生物には起こらない。

しかしアートマには期間がなく、それは生物ではない。

アートマは、生まれることがないのだから、どうしてそれが死ぬのだろうか。
アートマは、誰かを殺すだろうか。
それは不生不滅のものなのだ。



第21節

彼、アートマが、永遠不滅にして、不生不変のものであると知る人、
その人が、おお、プリターの子アルジュナよ、
どのようにして誰に殺させ、誰を殺すだろうか。


第22節

人が着古した衣服を捨てて、別の新しい衣服を身につけるように、
肉体の内在者デーヒは、古い肉体を捨てて、新しい別の肉体に入るのだ。


<ババ様の御言葉です>

あたかも人が、古い服を捨てて、新しい服を身につけるように、
デーヒ、肉体の内在者は、肉体を脱ぎ捨てて、新しい肉体を身にまとう。
肉体と個人の関係は、衣服と肉体の関係と同じである。


第23節

武器が彼、アートマを切ることはなく、
火も彼を焼くことはない。
水もまた彼を濡らすことはなく、風も乾かすことはない。


<ババ様の御言葉です>

アートマの本当の特質を理解すれば、悲しみに負けることはないだろう。
どんな武器を使っても、肉体を傷つけることしか出来ない。
武器は、変更されることのないアートマを、傷つけることは出来ないのだ。

これを真理であると知り、今の落胆を手放すがいい。



第24節

彼、アートマは切られず、彼は焼かれない。
また、濡らされず、乾かされない。
彼は永遠であまねく行き渡っており、揺るぎなく、決して変わることはない。


第25節

彼、アートマは非顕現、知覚不能であり、
不可思議であり、変化することはないと言われる。
だから、かれをこのように知って、君は嘆くべきではない。


第26節

また、もし君が、彼、アートマを、絶えず生まれ、
あるいは絶えず死んで行くものだと考えるとしても、
それでも君は、
「おお、逞しい腕を持つアルジュナよ。
 彼について、嘆くべきではない」


第27節

生まれたものには確実に死が訪れ、また、死んだものには、確実に誕生が訪れるのだ。

だから、避けられない事柄について、
君は嘆くべきではない。


第28節

万物は始めは非顕現、知覚不能である。
その中間でのみ、顕現するのだ。

おお、バラタ王朝の子孫、アルジュナよ。

終わりもやはり、非顕現である。
それなら何を嘆くことがあろうか。


<ババ様の御言葉です>

もちろん、迷いに満ちた段階では、
世界は実在しているかのように見え、
ブラフマンは、無意味な捏造物であるかのように見えます。

理性を伴った、慈悲の段階においては、
世界は真の意味では、非真実であることが分かります。
迷妄という妖精は、その魅力と、偽りと、罪意識の毒矢で貴方を圧倒します。

彼女の企みから、すぐに逃れることの出来るのは、
普遍的なアートマのビジョンを持っている人だけです。
そのような人は、様々な名前や形は、ほんの少し前に生まれたものであり、
あとわずかで消えてしまうということを、十分に知っています。
ギータの中でも、これらのものは、
「おお、バーラタよ、途中で現れるだけなのだ」と言われています。

世界には、進化と退化がつきものです。
これを理解するためには、この世の終わりまで待つ必要はありません。

ものの味方の角度を修正するだけで良いのです。
それが、真の知識への入口です。
それが、真の意味でのプラーナ、生気のコントロールであり、
この世が非実在、すなわちミディアン、真と非真が混在したものであるということの認識です。



音源です。





続きを読む

バガヴァッドギーター第2章 第15~19節/サーンキャヨーガ 6

20091203



206960_10150157402356677_674286676_7298386_5346235_n_convert_20120122153851.jpg





第15節

おお、人間の中で最もすぐれたものよ。
これら感覚の対象との接触に悩まされることなく、
苦楽を等しく受けとめる賢者こそ、不滅を得るにふさわしい。


<ババ様の御言葉です>

普通人は、幸せと喜びだけを求めるものだ。
どのように強制されても、不幸や悲しみを望んだりはしない。
人間は幸せと喜びを、自分の幸福を願う、最も親密なものであるかのように扱い、
不幸や悲しみを、直接の敵とみなす。

これは大きな過ちだ。

幸せな時こそ、悲しみが生じる危険は大きく、
幸せを失うことへの恐怖がつきまとう。

不幸は探究心、識別心、自制を促し、
今後起きる可能性のある、一層悪い事態を怖れる心を生じさせる。

人は不幸によって、怠惰と思い上がりから目を覚ます。
幸せは、人として果たすべき義務を忘れさせ、
人を利己心へと引きずり込み、利己心による罪を犯すようにしむける。
悲しみは人間を警戒させ、注意深くする。

従って不幸こそが、真の友なのだ。
幸せは、積み重ねた功徳を使い果たせ、より卑しい情念を歓喜する。

だから本当は、幸せは敵なのだ。
まことに、悲しみは人に目を開かせる。

それは、思索と自己改善の努力を促す。
それはまた、新しくて、価値のある体験を与えてくれる。

幸せは、人を鍛え、強くする経験にベールをかぶせる。
従って困難や苦痛は、少なくとも敵としてではなく、
友として扱われるべきなのだ。

一番いいのは、幸せと不幸の両方を、神からの贈り物とみなすことだ。
それこそが、自分自身の解脱に繋がる、最も容易な道である。



第16節

アサット、すなわち非実在肉体に、永続する存在はなく、
サット、すなわち実在、アートマに非存在はない。
真理を見通す人は、この両者に関する結論を悟る。


第17節

この一切に偏満しているそれ(タット)は、不滅であると知るがいい。
いかなる者も、この不壊(ふえ)なるものを破壊することは出来ない。


<ババ様の御言葉です>

デーヒ、内在者は万物に浸透しています。
それは、命ある全ての者に、内在者として住んでいます。
デーハ、身体は移ろい行くものであり、滅びる定めにあります。
肉体のうちに存在するデーヒ、内在者は、変わることがなく永遠です。

デーヒという言葉は、単にそれがデーハ、
肉体のうちに住んでいるという理由から、与えられた名称ではありません。
宇宙全体がデーヒ、内在者のデーハ、身体なのです。

デーヒと呼ばれるアートマは、宇宙というデーハ、身体の中に、永遠に住み続けています。
このような理由から、実在にして変わることがなく、
永遠であるアートマの原理は、デーヒと呼ばれる、と言われるのです。



第18節

永遠不壊にして、計ることの出来ないものの持つ、これらの肉体は、
滅びるものであると言われる。
だから戦うのだ。バラタ王朝の子孫、アルジュナよ。


<ババ様はクリシュナ神の言葉を、次のようにおっしゃっています>

もう充分だ。
立ち上がって、戦う用意をするのだ。
なぜ、こうした無益な利己心の重荷で、地に落ちるのか。

全ての物事の原因は神であって、君ではない。
全てを動かしている至高の力が。
このことを知って、君の意志を、それに従わせるがいい。



第19節

彼、すなわちアートマを、殺害者と理解するもの、
また、彼を殺害されたと考えるもの、その両者は知らないのだ。

かれ、アートマは、殺すことも、殺されることもない。


<ババ様の御言葉です>

このことは、クリシュナがアルジュナに、アートマグニャーナ(真我の知識)という、
最も重要な知識を教えた理由を、解き明かしてくれます。

アートマは殺したり、死んだりするものではありません。
アートマが殺したり、死んだりすると信じている人は、
アートマの特性を知らないのです。

アルジュナのアートマは、殺すことはなく、
ビーシュマやドローナのアートマは死ぬことはありません。
また、クリシュナのアートマが促すこともないのです。

これらは、原因結果の二元性における、異なった局面に過ぎません。
アートマは、何らかのカルマの原因や結果にはなりえません。

それは、ニルビカーラ、すなわち、変化することが出来ないものなのです。


音源とともにお聞きください。



プロフィール

tottemo ii indo

Author:tottemo ii indo
サティヤサイババは亡くなってしまったけれど、その教えは私たち皆に受け継がれています。スワミの教えを実践することで、サティヤサイババが降誕した、本来の目的に立ち返りましょう。

H2Hの御言葉を、2010年分から順次載せて行こうかと思っています。
サイの御教えだけでなく、これからは、心に残る聖者の言葉も引用していこうと思います。

最近の記事
月別アーカイブ
FC2カテゴリー
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。