スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sai Love No. 74

20150630







スポンサーサイト

続きを読む

変化・・・

20150323


サティヤサイババがお亡くなりになられてから、そろそろ4年を迎えようとしています。

その間に、私の心もいろいろと変化し、今は、
サイのみ教えで言うなら、初期のころの御講話に目をとおすようになり、
他の聖者の本や、禅の教え、などにも目を通すようになっています。
どんな表現で語られようとも、真理は一つ。
しかし、そこに至るための道は人それぞれであり、さまざまな道が用意されています。
その中で心に残るものなども、メモ代わりにアップしていこうと思います。

20141127




6085435494_c8ede4518f_b_convert_20141127122535.jpg



愛なくして果たされる義務は嘆かわしく
愛をもって果たされる義務は望ましく
義務によらない愛は神聖です。

- サイババ

SSOJ公式サイトより




あれ?この御言葉、どこかで読んだことがある。
サティヨーウパニシャッドかな?

ロボットのように、その義務を忠実に果たすのではなく、
何をするにも、神への愛を胸に言葉を話し、行われなくては意味がない。



御降誕祭は余り感動もなく終わってしまったのに、
一昨日の夜から昨日にかけて、とあることをきっかけに、強烈に引き戻されてしまった、
あの頃の感覚に・・・。
そう、スワミが存命の頃に過ごした、プラシャンティニラヤムでの日々に。

すべての生き物や、木々や花々が、
その生を、生き生きと享受しているのを、身近に感じながら、
日差しが穏やかにやさしく、それらすべてを包みこみ、
風が静かに通り抜けて行くのを、見つめていた日々。

甘いお線香の香りが時折流れてきて。

ああ、スワミが生きていらっしゃった頃は、こんなだったなと、
その感覚を思い出した。

私は随分と大切なことを、忘れてしまいそうになっていた。

スワミがくださったまれなる体験を、それに執着することなく、
自分の礎として心に留めておきたいな。



明日はラーマナヴァミと花祭り

20140407



桜の花が散りつつある中、
明日は、お釈迦様の誕生を祝う花祭りと、
インドのお祭り、ラーマ神の誕生を祝う、ラーマナヴァミですね。





神のご意志、という言葉をたびたび耳にします。
起きたことはすべて、神のご意志だと思いますが、
それはまったく完全ではなく、いびつなものである場合もあり、
いやむしろ、それの方が多いのではないでしょうか?

それを我慢してぐっと飲み込むと、受け入れたくないくらいまず〜い(笑)。
こうやって私は、長年にわたり、苦汁をそのまま飲み続けていました。
もー、ほんとうにまずくて、拒絶反応が出るほどにトラウマになってしまって。
涙まででちゃう位で。

でも、ここ最近は、苦汁はそのまま飲み込まないことにしました。
少しでも美味しく飲むために工夫をするんです。
(やっとこれに気づいたのですけど(苦笑))

飲む物によって、美味しくする方法は様々なので、ここには書けません。

その時にあった方法を工夫して、貰って嬉しいものに変えて、それを自分にあげるんですが、


時には、自分の内面の変化を求められることもあり、
時には、周りとの調和(一体性)のために、
言葉を使って、行動することによって、変えて行くことを求められることもあり。


いや、たまにはそれが出来ないこともあるんで、偉そうには言えないんですけど。

言えることは、神様の御意志は、
見かけはそんなにきれいじゃなかったり、
素敵じゃなかったり、嫌いなものだったりするってことで、
工夫をする余地をくださってるんだなーということと、

その工夫は、少しでも喜びへと、愛へと、一体性へと、変えて行くこと。
自由意志が与えられたのは、人間の様々な変化のためじゃないかな?





お祭りに関係なかったかな?(笑)





マハー シヴァラートリィ

20140301


マハー シヴァラートリー。


インドでは、シヴァとパールヴァティの結婚した日だそうですね。
シャクティとシヴァが結びついたということなのかな?
このことについて、ネパール大使館のHPに解説が載ってたので、リンクを貼付けておきます。
タントラの解説だけど。

スワミは、こういう解説の仕方はしてません。


なんかどーなんだろ。
象徴としてのリンガムなんだろうなって思う。
結局は、眼に見えないものが、すべてなんだろうと。

形は単に現れにしか過ぎないと思う。
それに左右されていてもしょうがないよと、内なるスワミがアドヴァイしてくれてる(笑)。


(こぴぺ、できませんでした)
http://www.nepalembassyjapan.org/japanese/about/symbols.html

シャクティは常に、シヴァと一体化してると考えられており、

お互いが、お互いの内的世界にそれぞれ存在してるとされている。

シャクティとは、存在そのものであり、意識であり、最高の調和をも意味している。

シャクティは宇宙の基盤であり、シヴァの創造力そのものである。



バジャンが終わり、帰宅。
プッタパルティでの映像をチェックして、
リンガムのアビシェーカムが行われたことを確認。
睡眠を取って、食物を摂取して、今、


なぜだか、Green Taraに癒されている。。。(笑)。







この平和な感じが心地よい。。。

ああ、この物質的世界にも、平和が訪れますように。


シヴァとパールヴァティが、
私たちの生命の営み、二元性に揺れている、人の作り出す波の上で、
楽しげに、タンダヴァーのダンスを踊ってるよ。。。


ああ、そうだ、ヴィシュヌがかき混ぜた乳海から出てきた、
この世の毒を飲み込んだのはシヴァ神だったね。

なんかここ最近、乳海から出てくるものが酷すぎるんだけど。。。
さあ、ルッドラムを唱えて、シヴァ神をサポートせねば。
(ああ、なんか、子どもじみた発想になってるよ・・・)


ねよ。

プロフィール

tottemo ii indo

Author:tottemo ii indo
サティヤサイババは亡くなってしまったけれど、その教えは私たち皆に受け継がれています。スワミの教えを実践することで、サティヤサイババが降誕した、本来の目的に立ち返りましょう。

H2Hの御言葉を、2010年分から順次載せて行こうかと思っています。
サイの御教えだけでなく、これからは、心に残る聖者の言葉も引用していこうと思います。

最近の記事
月別アーカイブ
FC2カテゴリー
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。